院長のコラム

「こむら返りって痛いですよね」

暮れも近づき、日に日に寒くなってまいりました。当院の患者様にも体調を崩されてる方も多く見受けられるようです。みなさん体調管理には十分気を付けましょう。

ところでみなさん「こむら返り」になった事はありますか?誰しも一度はなったことがあるんじゃないでしょうか。私も何度か経験があります、すごく痛いですよね。
「こむら返り」とは、単に「つる」とも言い、ふくらはぎの腓腹筋という筋肉が痙攣を起こしているものです。高齢者になるほど起こりやすいとされてます。
腓腹筋の「腓」という字を「こむら」と読むことから「こむら返り」、と言われてます。
京都の方は「コブラ返り」と言われる方もおられますが、「こむら」が訛ったものです。(ヘビとは関係ないかと思われます。)

スポーツ中につる事も多いですが、今回は睡眠時に突然つるものについて考えてみたいと思います。
そもそもの要因として、昼間の激しい運動や歩行による疲労、水分や電解質やビタミンの不足、長時間の同じ姿勢などが挙げられますが、この寒い季節になるとふくらはぎの血行の不良、末梢神経への寒冷刺激などが加わり、特につりやすくなります。また、厚い布団による圧迫も寒い時期に特有の要因です。
実際、寒い時期はよくつるという話を患者さんからもよく聞きます。

そこで予防法なんですが、まずストレッチをお勧めします。足を伸ばして座り、足先を手前に引っ張ります。手が届かなければタオルなどを足先に引っ掛けてもよいです。なるべく反動をつけずにジワ~と伸ばしましょう。寝る前にやるのが一番効果的です。
またお風呂などでふくらはぎを軽くマッサージするのもよいでしょう。あとは布団による圧迫をさけるためには、なるべく横向きで寝るようにします。

もし睡眠中につってしまった場合は、上記のストレッチをしましょう。急激に伸ばすと、かえって筋肉を痛めてしまうこともあるのでゆっくり行ってください。面倒でなければ、一度立ってみるのも手だとおもいます。

この他の原因として糖尿病などの内科疾患も考えられますので、頻繁に起こる方は内科の受診もしておいた方が良いかもしれませんね。

●休診日/日曜・祝日
●水曜・土曜は13時30まで受付

LEDでECO活中!

当院ではLED照明を使用しCO2削減に努めております。